2022年10月23日_オールブラックス ラグビークリニックpresented byリポビタンD

2022年10月29日に国立競技場で行われたリポビタンDチャレンジカップ2022の為に来日したラグビーNZ代表、オールブラックス。
そのオールブラックスのクリニックに柏RSのスクール生が参加しました。

クリニックの様子(AllBlacks youtube)

All Blacks Coaching Clinic presented by Lipovitan-D | Tokyo – YouTube

2018年、2019年に続き、柏RSがオールブラックスの選手に会うのは三回目です。

2018年:KASHIWA RUGBY DAY(オールブラックスがやって来る)
選手:ソニー・ビル・ウィリアムズ選手、リーアム・スクワイア選手、
ワイサケ・ナホロ選手、ンガニ・ラウマペ選手

2019年:KASHIWA RUGBY DAY 2019 IN KASHIWA-NO-HA
選手:ブラッド・ウェバー選手、アントン・レイナートブラウン選手、
リッチー・モウンガ選手、オファ・トゥンガファシ選手、
パトリック・トゥイプロトゥ選手

今回はNZ協会のコーチングスタッフ指導のもと、オールブラックスの選手と共に、
およそ80分間ラグビーのトレーニングを受けられるという特別な機会となりました。
8名のオールブラックス選手が登場し、スクール生の柏ハカで歓迎しました。

今回の8選手は左から

Ardie Savea アーディー・サヴェア選手
Anton Liernert-Brown アントン・レイナート=ブラウン選手
Leicester Fainga’anuku レスター・ファインガアヌク選手
Caleb Clarke ケイレブ・クラーク選手
Codie Taylor コディー・テーラー選手
Finlay Christie フィンレー・クリスティー選手
George Bower ジョージ・バウアー選手
Dane Coles デーン・コールズ選手

選手たちは真剣な表情で柏ハカ「NAU TE ROUROU KA ORA AI TE IWI」を見てくれました。

オールブラックスのInstagram

ハカの後はグループに分かれ、各メニュー毎に選手2名がペアとなって巡回する方式でした。
柏RSにはサポートコーチとして、元日本代表の廣瀬俊朗さんと三宅敬さんも参加されていました。
全体でのアップから始まり、パス、2対3、キックなどのスキル練習を選手と一緒に行う事ができ、
細かなアドバイスを貰ったり、なかには自分から選手に質問する熱心なスクール生もいたようです。

ペアの練習では、選手とペアを組み、キックやパスの練習をしたり、WTBのケイリブクラーク選手はダッシュで競争してくれたり、
SHのフィンリークリスティー選手はパントキックをあげてもらい、みんなでキャッチにチャレンジしたり
笑顔の絶えない貴重な経験ができました。
各セッションの最後には、様々な掛け声で一体感を生み出しながら練習を締めくくっていました。

ケイリブクラーク選手はパントをキャッチできたらデインコールズ選手が「アイスクリーム」をおごってくれるよ
などと子供達を盛り上げていたので、子供達のニックネームが「アイスクリーム」になってしまいました。

楽しい時間はアッというまに過ぎて、柏RSのキャプテンからからオールブラックスへのペナントを送り、
オールブラックスからはアーディーサベア選手からサイン入りのジャージを戴く事ができました。

最後は参加者全員で記念撮影を行いました。

2019年ワールドカップ前から受け継いでいる柏ハカについて、オールブラックスのスタッフから賛辞を戴き、
複数のメディアで柏ハカの成り立ちも含めて取り上げて戴く事ができました。
柏RSではこれからもこのハカを継承していきます。

トンガ王国噴火被害への義援金

2022年1月に発生したトンガ王国噴火被害に対し、柏に縁のあるラグビープレイヤー 中島イシレリ選手の「Yeaboii Charity Project」を通じて義援金をお渡しする事ができました。
柏RSファミリーであるイシレリ選手に高田小で目録をお渡しし、激励の柏ハカも披露させて戴きました。

今度はぜひスクールにも遊びに来て下さい。


スクール代表 中村孝一よりお渡し致しました。


激励の柏ハカ披露

茗渓カップへの参加_220504

<Aカテゴリー6年 山部コーチ>

晴天の中、茗渓カップに参加してまいりました!

ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、茗溪学園ラグビー部は春の選抜大会出場感染状況の関係で試合を辞退しました。その様な中でもご尽力いただき、2年ぶりの開催をしていただきました。

茗溪学園ラグビー部には柏ラグビースクール卒業生も多数在籍しており、昨日は2年の林ユウタ、岡田タケシ、2名の選手にスペシャルサポーターとして1日帯同してもらいました。

6年生のみんなもかけがえのない時間を過ごせたと思います。

2022年4月24日_久々のKashiwaHAKA!

2019年のラグビーワールドカップ日本大会において世界中に旋風を巻き起こしました「柏ハカ」久しぶりに披露しました!

4/24(日)@柏の葉公園総合競技場
NECグリーンロケッツ東葛 柏市ホストタウンゲーム
コロナ渦で集団で大声を出すことが禁じられていましたが、やっと再開出来る状況になりました。

太田和美市長にも見守っていただきました!
※撮影時のみマスクを外しています。

フリーペーパー「アフター街ファンクション」においても柏RSと柏ハカを記事としていただきました!

 

2022年4月_柏税務署からの感謝状

柏税務署さまから柏市ラグビー協会宛てに感謝状をいただきました!

2021年末の柏市ラグビーフェスティバルでのPR活動に協力したことに対するものです。

これからも柏市ラグビー協会と協力しながら、地域に根ざしたスポーツ団体として社会的責任を果たしていきたいと思います。

Aカテゴリー活動報告_220327

2021年度Aカテゴリー最終回の活動報告は、Aカテコーチに参画いただいた複数コーチからの、寄せ書き形式、での投稿となります。
(超?)長文となってしまいますが、温かいメッセージ多数となりますので、なにとぞ最後までお付き合いください。
※順不同

<Aカテゴリー代表コーチ 瀬野コーチ>
ついに今年度最後の活動となってしまいました。
最後の活動がリーグワンの試合が行われる日に同じ会場で交流戦が出来る環境を準備下さった関係者の方々に感謝申し上げます。
私はこの学年が年中の時から見てきました。とにかく日曜日は高田小に来ること、練習をやるかやらないかはその時はどうでも良くて、日曜日は高田小に集まって仲間と一緒に過ごすことを楽しんで欲しかった。そのうちに自然にラグビーが楽しめる様になってくれれば良いと思っていました。6年生になった今でも真剣にラグビーに打ち込んでいる時とコーチをいじり倒すギャップは正に仲間と同じ時間を過ごす事を楽しんでいるんだと感じています。皆にはこれからもずっと楽しい時間を過ごして欲しいと思います。そんな皆と一緒に過ごす時間は私にとってかけがえのないものでした。本当にありがとうございました。

保護者の皆様
コロナ禍で思うように活動が出来ない中でも我々コーチを信頼し常に支えて下さいました事心より感謝申し上げます。至らない代表コーチではありましたが皆様のおかげで無事に一年を終えることが出来ました。

一年間支えて下さった選手、コーチ、保護者の皆様ありがとうございました!

<6年 石原コーチ>
6年生最後の活動が終わりました。

前日の修了式で子ども達からのサプライズでムービーを見せてもらいました。
あんなに「ありがとう」と言われると思っていなくて、何というか感動だけでなく、
とにかく嬉しくてうまくリアクションできませんでした。ごめんなさい。

もっと今までを振り返ったり、感傷的になるのかと思いましたが
こうやって自分達で行動を起こせるようになった事、最後の交流会でも一人ひとりが輝いて
みんなの成長を実感した事と、今も常に進行形で成長し続けている事に改めて気づき
これからの活躍が楽しみでとにかくワクワクする、そんな気持ちです。

うまくいくこともいかないことも、ラグビーを通じて学んで成長して欲しい。
常々そう思っていました。
自分がうまくなるための選択、行動をとれるようになることもそうですし、
チームの中でどう振る舞うのか、うまくいかないとき、苦しい時にどのような行動をとれるのか。

ラグビーを通じた子ども達の成長、まさに柏ラグビースクールの理念、
スクールの存在意義を心から実感できました。
毎週、仲間達とコーチと一緒にラグビーを楽しんでくれて本当にありがとう。
これからのみんなの成長と活躍が楽しみです!!

二十歳になったら一緒に飲みに行こう。

保護者の皆様
毎週土日はずっと練習でお弁当の準備に泥だらけの洗濯物に送迎など
本当に大変だったと思います。
子ども達もみんな多分素直に口に出せないけど感謝しています。
今はうまく表現できない子もいるかもしれませんが、
いつか絶対にその大変さ、ありがたさを理解し、感謝してくれると思います。

ラグビーの素人、コーチングの素人、子どもとの付き合い方も素人
そんなやる気だけしか取り柄のなかったコーチにお付き合い戴きありがとうございました。
本当に素晴らしい経験でした。

 

<6年 小溝コーチ>
私はとにかく子ども達が楽しくラグビーをプレーして信頼できる仲間を作り、中学から先も、そしておじいちゃんになるまでラグビーを続けて欲しいと願いながら6年間指導をしてきました。
ただ「楽しく」という部分について、それを子ども達全員が感じられるようにすることが如何に難しいことかを経験を積むにつれて痛感しました。
6年間指導者を経験して初めて気が付いた部分も多くあったので、それを下級生の指導者へ継承し、今後1人でも多くの子ども達が「楽しく」ラグビーをプレーすることができるようにしていきたいと思います。
6年間ありがとうございました。

(5年生へ)
今年度最後の試合を近くで見させてもらいました。
自分達で考え、声を掛け合いコミュニケーションをとり、個々だけでなくチームでやろうする意識が感じられた素晴らしいゲームでした。
来年は最上級生になるので小学部の子達の見本となるよう、チーム全員で団結して頑張りましょう。

(卒業生へ)
本当に楽しくラグビーをさせてもらい、ありがとうございました。
1年生の浪川荘合宿からコーチをさせてもらい、基本的には優しく、たまに厳しくラグビーを教えてきました。
1人1人が心身共に大きく成長してくれたこと、とても嬉しく思います。
そして私自身も君達からたくさんのことを教えてもらい、成長することができました。
この先ラグビーを続ける子、他の競技にチャレンジする子、それぞれ進む道は異なりますが、楽しみながら一生懸命頑張りましょう。
もしラグビーをやりたくなったら、いつでも中学部でお待ちしています。
皆と過ごした時間は小溝コーチにとって本当に幸せな時間でした。
6年間ありがとうございました。

(保護者の皆様)
6年間本当にありがとうございました。
保護者の皆様の御理解・御協力のおかげで私達指導者は子ども達への指導に集中することができました。
私自身の至らない面で不快に思われたこともあったと思いますが、優しく見守っていただきありがとうございました。
中学部でもよろしくお願いいたします。

 

<6年 細田コーチ>
柏ラグビースクール小学部を修了、中学部に進級された皆さん、おめでとうございます。
長い子だと6年くらい、ラグビーを頑張るみんなと同じ時間を過ごし、成長を間近で見られたのは最高に楽しかったです。
小学部での活動で区切りをつけた皆さん、新たなステージでの活躍をお祈りしています。
中学部でも続けるみんなには「継続は力なり」という言葉を送ります。
この言葉の意味は、これから先考えて行ってくださいね。
将来、有名選手になった時、無視しないでね。

 

<6年 江口コーチ>
先週土曜は6年生の修了式と、日曜はAカテゴリーの交流戦がありました。

(卒業生へ)
この学年を担当して1年間でしたが、地道なプレーを仲間に認められ自信を付けて成長した子、ラグビー自体や仲間と一緒にいることを楽しんだ子、怪我が多くて思うようなプレーが出来ず苦しんだ子など子どもたち一人ひとりが色々な感情/思いを抱えながら過ごした1年間だったと思います。

また、これからは別の道に進む子や柏ラグビースクール中学部で継続する子など様々ですが、中学校生活・さらにその先の人生において、みんなには数多くの選択肢と可能性があります。
何か目標を自分で決めて、悔いなく、自分が納得できるように、自ら考えて判断する癖を身に付けていってください。

その積み重ねが未来の自分を助けてくれます。元気な姿でまたお会いしましょう!

(保護者の皆様)
1年間数多くのサポート有難うございます。普段の練習のみならず交流戦やイベントなど盛り沢山で、子どもたちと触れ合い、私自身が楽しませて頂いた1年でした。

これから中学生となり、心身ともに成長・変化する年齢になりますが、同世代の子を持つ親として今後ともよろしくお願いいたします。
本当に有難うございました!
江口 幸文

 

<6年 政野コーチ>
京葉RFSに阻まれ続けた一年でしたが、パスやタックルのスキル、戦術など高いレベルにまで成長できた一年だったと思います。選手個々の伸び代は有りすぎるので、どこまで成長するのか楽しみしかありません。
中学に進み、ラグビーを続ける子や別の道に進む子といますが、この小学生時代の1ページを刻んだ日々や思い出を今後の成長の糧にして、時々、何かを思い出してもらえたらコーチとして何よりの喜びです。
また、ラグビーを続ける選手達が更なる進化を遂げ、タックルで吹き飛ばされ、力負けする日を楽しみにしています。
選手、各コーチの皆様のお陰で自身の休日も充実した日々となりました。本当にありがとうございました。

 

<6年 川北コーチ>
小学部卒業おめでとうございます。
柏ラグビースクールでみなさんが経験したことは、今後の人生で胸を張って語れるものだと思います。
ここで出会った仲間との絆を大切に、まずは充実した中学校生活を送ってください。
応援しています!

 

<6年 柳本コーチ>
6年生へ

ご卒業おめでとうございます。
小学ラグビー、長いようであっという間でしたね。
この間、皆さんは本当に大きく成長しました。
泣いたり、笑ったり、楽しかったり、キツかったり…それらみんなで過ごした時間は貴重な財産です。
中学生になると楽しいことばかりではなく大変なことが多く訪れるかもしれません。
そんなときはこの柏RSのことを思い出してみて下さい。
きっとまた頑張れると思います。
コーチはいつでも皆さんを応援しています。そしてたくさんの感動をありがとうございました。次のステージでも精一杯、頑張ってください。皆さんのご活躍を心より祈っています。

中学部で続ける子はまた一緒に遊んで下さい!よろしくお願いします!

 

<6年 高野コーチ>
柏ラグビースクール 6年生の皆さんへ

髙野Cは皆さんが1年生の時にコーチになりました。
コーチをやっていた6年間は本当にとても楽しい時間でした。

低学年だった時を思い起こすと、
・自分勝手でやりたい放題の子、
・交流会の時には虫取りや草むしりに励む子、
・コーチをいじめる子
皆さん、とんでもない子ども達でしたね。
それでも、皆が笑顔で楽しそうにラグビーをしていたのがとても印象に残っています。

6年生になると驚くほどしっかりとラグビーが形になってきて、皆さんのタックルを受けた次の日は、腰痛が悪化して会社に行くのも大変でした。
そしてたくさんの仲間たちと練習をしてきた成果がヒーローズカップ第2ステージ進出という素晴らしい結果につながったことが、コーチにとっては本当に嬉しかったです。

これからはそれぞれが違った形で次のステップに向かいます。会う機会が減ってしまう子もいるかもしれません。だけど柏ラグビースクールで出会った皆さんは、かけがえのない仲間であることに変わりありません。『ONE TEAM』。そのことは忘れないでこれからも新しい生活に励んでください。

保護者の皆様におかれましては、いつも子ども達に温かいサポートをしてくださり本当に感謝しております。中学生になると心身ともに難しい時期になってくると思いますので、これからも皆様のお力が必要であると思います。引き続き子ども達のサポートを宜しくお願いいたします。

最後に、私はラグビー未経験で頼りない部分も多々あったコーチであり、ご心配をおかけしていたと思います。
皆様の温かいご支援でコーチを続けることが出来ました。感謝申し上げます。

6年生の皆さん、これからも自分のやりたい事を一生懸命練習して、何よりも楽しんで下さい。

6年生コーチ 髙野 拓也

 

<6年 浅菜コーチ>
6年生の皆さん、ご卒業おめでとうございます。
ラグビーには「One for All, All for One」などいくつか格言や名言がありますが、その中のひとつに
「ラグビーは少年をいち早く大人にし、大人にいつまでも少年の魂を抱かせる」と言うのがあります。(フランス代表の元キャプテンの言葉のようです。)
この言葉のごとく、この1年間で皆さんが子どもから大人へと急速に成長する姿を、ひとりのコーチとして見させてもらい、私自身が子どもの様な気持ちでワクワクしながら楽しませて貰いました。

これから、皆さんそれぞれが選ぶ環境は違いますが、経験してきた試合と同じ様に、楽しさも苦しさも一瞬で過ぎ去ってしまいます。その限られた時間の中で精一杯に自分を活かして仲間と一緒に進んでください。
そして、小学生の時にラグビーをプレーした気持ちをいつまでも忘れない大人になることを楽しみにしています。

<6年 小坂コーチ>
2021年度を振り返って
小学部最高学年として技術面だけでなく精神面も大きく成長してほしいと願い1年間指導してきました。
CDカテゴリーへの練習サポートでは上級生として見本を見せてくれました。
とてもたくましく成長してくれた事に喜びを感じながら楽しく練習に参加してきました。
コロナ禍の中で満足のいく練習が出来ない期間が続く中でも皆が協力して工夫しながら練習できたことは
今後の人生の中で自分の思い通りにいかない事があった時にはこの経験を思い出して乗り越えていけると信じています。
私も柏ラグビースクールでラグビーに出会えた事で今までの人生で経験出来なかった事が出来たことを幸せに感じました。
今後は進む道は違えど今まで経験してきたことは決して無駄ではありません。
中学生になってもいろいろなことにチャレンジして自分の将来に活かしていってください。
卒業生の皆さん 自分はコーチとしては役不足だったと思いますが、皆さんと一緒にラグビーが出来て本当に良かったです。
中学部でも宜しくお願いします。

保護者の皆様へ
1年間柏ラグビースクールの活動にご協力頂きまして誠に有難うございました。
子ども達の成長を日々見守り続けながらいろいろな面でお手伝い頂きコーチ達も練習に専念することが出来ました。
今後も子ども達が成長していく中でいろいろな葛藤があると思います。その時はそっとサポートしていただけると幸いです。
また中学部でもいろいろとお世話になることがあると思いますが今後とも宜しくお願い致します。

 

 

<5年 山部コーチ>
進級式に参加せせていただき、子どもたちで作った素晴らしい動画を見させていただきました。
素敵な卒業記念品も戴きまして感謝致します。
6年生の皆さんは柏RSでたくさん楽しむ事が出来ましたか?
グランドでまた顔を合わせた時には素敵な笑顔を見せてくださいね。

Enjoy Rugby! I

 

<5年 岡本コーチ>
6年生の皆様

卒業おめでとうございます!
小学部の最高学年、代表として1年間、本当にお疲れ様でした。
5年生以下のコーチ含め、6年生の背中をみてたくさん学ばせて頂きました。
ありがとうございます。

これからも、まずは楽しむ気持ちは忘れないで、ラグビーを続けて欲しいと思います。
柏ラグビースクールとの出会い、経験、仲間を大切にしていってください。
中学生になっても、たまにはグランドに足を運んで、一緒に練習しましょう!

5年生に向けて

1年間お疲れ様でした。
活動制限が続いた1年ではありましたが、大きく成長できたと感じています。
チームプレーも少しずつ試合で形になる場面が出てきて、チームで戦えるようになってきました。

4月からは、小学部の代表として引っ張っていく立場になります。
また、いまの仲間でラグビーができる最後の1年になります。
笑える仲間とスクラム組みながら、楽しい1年にしていきましょう!

 

<5年 重田コーチ>
5年生最後の試合は、柏の葉陸上競技場にて最高な環境で行われました。
この1年間で最も素晴らしい試合だったと思います。
4年生の時にも感じましたが、3月の試合内容が素晴らしく、1年間選手達が積み上げて来た、技術、思考、信頼感を1番感じました。5年生の3月もやはり同じ思いを感じる事が出来、本当に頼もしく思います。
次週からは6年生になる皆様。
この4月から、コツコツと積み上げて、来年の3月にはまた素晴らしい試合を観せてください!

6年生の皆様。最後までラグビーをプレーして頂きありがとうございました。今後ともラグビープレーヤーとして頑張って行かれる方、違う方面で頑張って行かれる方。
また柏ラグビー スクールでお待ちしてますので、是非遊びに来て下さいね(^^)

 

<5年 堀田コーチ>
今年度は仕事の関係であまり参加することができませんでした。申し訳ありません。来年度も参加が限定的になってしまいますが、参加した時は子ども達が楽しく安全にラグビーができるお手伝いをしていきたいと思います。毎週参加できなかったり分、たまに会う子ども達は毎回大きくたくましくなっていました。来年度はいよいよ最終学年です。今までで一番楽しかったと思える1年にしていきましょう!

 

<5年 関コーチ>
最高のグラウンドでAカテゴリー今年度最後の交流会の実施が出来ました。
6年生、5年生共に飛躍の年となる次年度に向けて、次に繋がるとてもいい試合ができました。

保護者の皆様1年間サポートを頂きましてありがとございました。6年生保護者の皆様におかれましては、お子様の進学おめでとうございます。柏RSでの経験は将来子供達の財産になる事と思います。
また今後ともよろしくお願いいたします。

 

<Aカテゴリー副代表 大橋コーチ>
6年生、5年生の皆さん、進級そして一部のメンバーは卒業おめでとう。 コロナ禍でなかなか思うように練習が出来なかったり、難しいこともあったけれど、皆さんは一年で体も心も大変大きく成長して次のステージへ上がっていけると思っています。特に実感したイベントは、カテゴリーをまたいでのCDサポートなどでの活動です。

大橋コーチは、HP担当として、こうしたコーチ皆さんのコメントの取りまとめも実施しています。 なんだかコーチからのメンバーへの想いが伝わってきて、編集している際にも、また泣きそうになりました。 Aカテゴリーに関わっていただいた皆々様の4月からの新たな活躍をとても期待しています!

保護者の皆様、本当に長い間お世話になりました。私どもの力が至らぬばかりで、子ども達の成長にむけて十分力を引き出せてあげられなかったこともあったかと思い、反省をしております。来年度も中学部・小学部Aカテにて再度お世話になります。子どもたちはもちろん、コーチへのエールも引き続き宜しくお願いいたします。

 

以上

最後までお読みいただきありがとうございました。 取りまとめは大橋コーチが実施いたしました。
来年度からもまた、改めまして、宜しくお願いいたします。

2022年1月8日_JAPAN RUGBY LEAGUE ONE2022運営サポート

JAPAN RUGBY LEAGUE ONE 2022

開幕戦お手伝いしました! (1/8(土)NECグリーンロケッツ東葛vs横浜キヤノンイーグルス@柏の葉公園総合競技場) NECグリーンロケッツとジャパンのレジェンド、中島修二さんと辻高志さんと共に開幕セレモニーをおこないました。(画像はリハーサルの様子) そして、会場設営や進行サポート、入場ゲートでのプレゼント配布などお手伝いしました。 引き続き柏のラグビーを盛り上げていきたいと思います。