Bカテゴリー活動報告_210221

<Bカテゴリー3年 斎藤コーチ>

まだ冬ですがまるで初夏の様な日差しと気温の中で皆んなで沢山汗をかきながら練習に臨みました。

最近は練習メニューは変わりませんが、応用等を行いながらレベルアップしています。
そんな中、子供達は少しずつ気持ちが強くなってきた様に感じます。
全くタックルに行けなかった子が少しずつタックルをしようとしたり、モールができても参加できなかった子がモールに参加したり、ラックができたらオーバーに行ったり、子供達の姿をみて成長が凄いなと、毎週驚かされます‼︎
そんな中、欲を言うならばチーム全体で試合中や練習中にもっと声を出しコミュニケーションを取れる様になると、もっと良いラグビーができる様に思います。
一つ一つのプレーに皆んなの気持ちが乗ってきているのでその気持ちを途切らせる事の無い様、コーチ達もしっかり皆んなと一緒にプレー出来ればと思います。

(保護者の皆様)
緊急事態宣言下の中、練習へ送迎して頂き誠にありがとうございます。
既にご用意頂いてる方もいらっしゃいますが、コンタクトが激しくなっていますので、マウスピースをご用意頂けると助かります。
又、最近の子供達はやる気にとても満ち溢れ良い顔をしてくれています。ご自宅でもラグビー触れるお時間がありましたら、ラグビーに触れて子供達を沢山褒めてあげて下さい。宜しくお願いします。