Cカテゴリー(2年生)活動報告_191110

<Cカテゴリー2年生 立野コーチ>
[活動報告]
今日は早朝は肌寒く感じましたが、ぐんぐんと気温が上がり、最高のコンディションの中、1年間の活動の集大成ともいえるNECカップに参加することが出来ました。 素晴らしい環境を整えて頂いた全ての関係者の方々へ、改めて御礼を申し上げます。ありがとうございました。

Cカテゴリーの2年生チームは、このNEC カップを目標に結果を出すべく毎週の練習に取り組んできました。
今年から1、2年生はタグラグビーでの試合となり、また来年度の3年生からはフルコンタクトのラグビーに代わるため、来年を見据えた練習と並行しながら、1年間限定でタグラグビーの練習をしなければならなかった点が、指導する上でとても難しいところでした。

この日は、4つのプールに分かれて予選リーグが行われました。2年生の中で選ばれた出場メンバーと応援してくれたメンバーが、ONE TEAMとなり、予選リーグを何とか突破することが出来ました。この結果は、2年生全員が心をひとつにして努力した成果だと思います。

来週は、決勝トーナメントです。試合に出場するメンバーは、応援してくれる他のメンバーの分まで、全力で精一杯プレーして優勝目指して頑張って欲しいと思います。

 

[保護者の皆様へ]
朝早くからの対応、ありがとうございました。NEC カップについては勝利を目指す方針のため、現在のプレーの理解度を重視してメンバーを選抜しています。
出場人数が限られているため、どうしても出場するメンバーと応援メンバーに分かれてしまいますが、現時点での差は気になさらないで下さい。  日本代表ですら、子供の頃から全てレギュラーだったメンバーばかりではありません。来年度になれば、フルコンタクトに代わり、そちらが向いている子供たちもたくさんいます。実際、今大会がタグラグビーでの参加でなければ、また違ったメンバー構成になっていたと思います。この様な経験は、決して無駄にはなりません。
継続して努力することの大切さをコーチ一同教えていきたいと考えています。

私は、高校、大学、クラブチームとプレーヤーとしては経験がありますが、もちろん最初からレギュラーだったわけではありませんし、コーチとしては子供たちと同じ2年生です。 至らない点があるかと思いますが、子供たちと一緒に笑える様に成長していきたいと思っています。

引き続き、今後とも応援よろしくお願い致します。

Cカテゴリー(1年生)活動報告_191110

Cカテゴリー1年生 中曽根コーチ
【活動報告】
絶好の秋晴れの中、第15回 NECカップが開催されました。開催にあたりご尽力頂いた方々、対戦頂いたチーム関係者の皆様にお礼申し上げます。
Cカテゴリー1年生においては、夏合宿以降NECカップを念頭に「チームとしての成長」 「個人の成長」 を目標に練習をしてきました。予選ラウンドにおいては、この「チームとしての成長」を感じる事ができました。試合に出られなかった選手が大きな声で「柏」「柏」と応援してくれました。1年生チーム発足当時では考えられなかった事です。この声に支えられて出場選手が今ある力を最大限に発揮してくれました。みんな ありがとう!!
試合の結果は引き分けですが、抽選の結果決勝ラウンドに出場させて頂く事となりました。対戦頂いたチームへ感謝を込めて、決勝ラウンドでは良い結果が残せる様選手一同、精一杯のプレーで戦います。

【保護者の皆様】
早朝からの送迎、お弁当対応と誠に有難うございました。保護者の方々より心のこもった応援を頂き、選手達も普段以上のプレーが出来たと思います。選手全員出場でNECカップ出場がベストな事と理解はしていますが、1年生は大所帯の上、出場メンバーが5人という事もあり、限定メンバーでの出場にご理解頂き誠に有難うございました。出場できなかった選手も精一杯の応援をしてくれました。ご家庭で選手達にご説明頂けたからこそと思っております。重ねてお礼申し上げます。私自身1年生の担当コーチは2度目の経験となりますが、現時点での差は経験年数(ラグビー理解度)や成長の度合いによる差ですので、あまり気にされる事無く、これからの選手の成長を見守って頂きたいと思います。NECカップ予選ラウンドは、引き分けと交流戦(不戦勝)という結果になりました。来年は、チームプレーで勝利出来る様コーチ一同指導をして参ります。今後とも宜しくお願い致します。

Cカテゴリー活動報告_191103

<Cカテゴリー長谷川コーチ>

今日は朝から曇り空の一日でしたが、ラグビーをするにはちょうど良い気候でした。

NECカップの予選が来週ということで、二年生も一年生もタグラグビーの試合の実践練習に多くの時間を割きました。練習の後半では久しぶりにお会いしたカール・ポキノさんに練習を見て頂く時間もあり、子供たちからはたくさんの笑顔が溢れていました。

来週のNECカップで試合に出る選手は、これまで練習してきたことをしっかり出して全力でプレイしましょう!試合数の関係で残念ながら試合に出られない子も出てしまうかもしれませんが、みんなで大きな声で仲間を応援してOne Teamで頑張りましょう!

ラグビーワールドカップ2019日本大会は南アフリカの優勝で幕を閉じました。
私も含め、ワールドカップロスに陥っている親御さんも多いと思いますが、ワールドカップからたくさんの刺激を受けた子供たちがこれまでよりも更に楽しく元気にラグビーができるよう、引き続きのご協力をよろしくお願いいたします。

Cカテゴリー活動報告_191027

<Cカテゴリー 齋藤秀コーチ>

ワールドカップの盛り上がりがまだまだ続いて居ますね。

今日は高田小にアルゴRSさんをお迎えして一緒に練習と試合をさせて頂きました。最初の45分は分はいつも柏で行なっているアップやアジリティ、キャッチ&パスランの練習をしました。後の45分はアルゴRSさんが普段からやられている、コーチを中心に半円になりチーム対抗パス100回、きちんとコミュニケーションを取りパスを貰う練習をしました。
皆んなで大きな声で元気良く楽しそうに練習に励みました。
残りの時間はチーム対抗で試合を随時行いました。最近ではあまり行わなかった1年生対2年生の試合もあり皆んなとてもいい刺激を受けているように感じました。また、子供達はアルゴRSさんにもとても良い刺激を与えて頂いたように見受けられました。
いよいよ来月はNECカップがありますが、皆んながラグビーを好きで楽しんでくれればと思います。

(保護者の皆様)
来月はNECカップがあります。子供達はとてもスクールでの練習を頑張っています。お家でもボールに触れて頂ければ幸いです。また、引き続き子供の爪のケア等を宜しくお願い致します。

Cカテゴリー活動報告_191006

<Cカテゴリー活動報告 川井コーチ>
今週のCカテゴリーは、前川製作所にて常総JRFCさんと世田谷JRFSさんとの交流会でした。

途中、大雨に見舞われ中断もありましたが皆元気にプレーしてくれました。来月に予定されているNECカップを見据えて、子供たちの動きも目に見えてよくなってきています。  試合後の反省会では、すごく具体的な意見が出てくるなど、子供たちの成長が感じられる1日でした。

ワールドカップの盛り上がりと共に、毎週のように新規入会の方が増えています! これからも、ラグビーに興味を持った子供たちが、少しでも楽しめる場を目指して活動していきたいと思いますので、引き続きご協力をお願い致します。

Cカテゴリー活動報告_190929

<Cカテゴリー 小林(健)コーチ>
9月最後の日曜日、高田小で元気に練習をしました。
前日に日本代表がアイルランドに勝利し、日本中が興奮に包まれる中の練習になりました。  体験の子供達もたくさん来てくれました。初めてのラグビー体験にもかかわらずスクール生と打ち解けて楽しんでくれました。

今週は、来週交流会があるので普段のアジリティートレーニングや基礎スキル練習に加え、実践形式の練習を多めにしました。オフェンスでは、ボールキャリアーがタグを取られた時に後ろから他の選手が走り込み、パスをもらって前進するプレーが出来るようになった選手が多くいました。
ディフェンスは、自分が担当する相手選手を声に出し(ノミネート)仲間に伝え、まっすぐ線になって前に出ることを確認しました。このスキルは高学年になった時にとても重要になってきます。  全国で上位に進出するチームはディフェンスが強く、少ない失点で食い止め、強みを生かした攻撃で手堅く勝ち進みます。
まだ早いですが、コーチたちはそんなことも考えつつ高学年や中学高校でもラグビーを楽しみながらプレーしてもらえるように練習メニューやアドバイスをしていければと思っています。

引き続き、スクール活動にご理解とご協力をお願いいたします。

Cカテゴリー活動報告_190922

<Cカテゴリー加野コーチ>

待ちわびたワールドカップが開幕し、オールブラックス戦翌日、興奮冷めやらぬ中での練習となりました。 Cカテゴリー全体でアップとアジリティーで体を暖め、各学年に分かれて練習を行いました。

1年生は、これまでのディフェンスやパスを1歩進め、オフェンスの動きにあわせたディフェンスラインの上げ下げやクイックパスを行いました。

2年生は、前後ステップを踏みながら足し算や引き算をするなど、複数の動きを同時に行うコーディネーショントレーニングを長めに行いました。

時折集中が続かないこともありますが、苦労しながらも、笑顔で楽しそうにチャレンジしていました。新しい練習メニューを取り入れ工夫していきたいと思います。

Cカテゴリー活動報告_190915

<Cカテゴリー新村コーチ>

今日は柏の葉競技場グラウンドを借りての練習でした。練習の合間には柏ハカを始める子もいたり、まだまだオールブラックス熱が冷めやらぬ中での練習となりました。

Cカテ全体アップのアジリティトレーニングでは、前日までオールブラックスが使っていた芝生の感触を感じながら、芝生の上を這ったり転がったりする動作を取り入れて体を慣らしました。

その後、1年生はパス、ステップ、2対1、1対1などの基礎練習を行いました。集中力が落ちる場面もありましたが、鬼ごっこや休憩を挟みモチベーションを回復しながら続けました。 ここ最近継続している基礎練習の成果もあり、最後に行ったタグの試合では、うまくボールが繫がったり、粘り強くディフェンスしたりする場面も見られました。また、率先して声を出してチームメンバーをまとめようとする子もいたりと、皆それぞれでだいぶ成長したように感じます。

2年生は、指定された色のマーカーを触ったり、ラダーをしながら足し算引き算をしたり、体と同時に頭も使うサーキットを行いました。子供達は苦労しながらも笑顔をみせ楽しそうに取り組んでいました。

素晴らしい環境の中、新メンバーや体験の子も含めて、皆でラグビーを楽しむことができました。3時間の練習、子供達の集中力が途切れないようにメニューや進め方を工夫して、より充実した練習にしていきたいと思います。

 

>保護者の皆様
いつも子供達や練習のサポートをして頂きありがとうございます。 だいぶ涼しくはなりましたが、まだ残暑がありますので熱中症対策のご協力宜しくお願い致します。