Bカテゴリー活動報告_190324

<Bカテゴリー 髙田>

今週は麗澤ラグビー場にて午前中はあびこRSさんとの交流会を行い、「午後はニュージーランドの歴史と国歌を学ぶ」イベントに参加しました。

素晴らしいグラウンドで行った交流会では両学年共2チームに分かれ、あびこさんも含めて各2試合行いました。

また試合後にはゲストのNZコーチからワンポイントレッスンを受け、キャッチングやコンタクトの基本を改めて教わることができ、今後に活かしていきたいと思います。

 

午後のイベントではNZ国歌の歌詞と意味の説明を受けみんなで歌いました。

9月のオールブラックス事前キャンプまでにはしっかりと覚えてNZ国歌でお迎えしたいですね。

今回交流会、イベント共に参加いただいたあびこRSの選手、コーチ、保護者の皆様ありがとうございました。

新年度も引き続きいい交流を続けていきたく思うので今後も宜しくお願いします。

 

<保護者の皆様>

今週も会場までの送迎、試合の応援、お弁当の準備等ありがとうございました。

今年度の活動も後は総会・進級式と常総祭を残すのみとなりましたが引き続き応援よろしくお願いします。

Bカテゴリー活動報告_190317

<Bカテゴリー 小溝コーチ>

明るい日差しの中、本年度最後の高田小での練習を行いました。

本日は、流通経済大学付属柏高校を卒業され、現在トヨタ自動車ヴェルブリッツで活躍されている川西智治選手に参加いただきました。
川西選手、ありがとうございました。

3年生についてはNECカップ後FW・SH・SO・WTBそれぞれのポジションの仕事を身に付ける練習をしてきて、先週のウインターカップでもその成果を体感することができました。
ただその反面、相手に当たるときのボールの持ち方、ダウンボールの仕方、ラインディフェンスの前に出る圧力等、基本的な部分で徹底できない面があり、相手にボールを渡してしまった場面が目立ちました。

それを受けて、今週もコンタクト・組織ディフェンス・モールゲーム・1対1・ハンドリングといった基礎的練習を多く行いました。

モールゲーム・1対1の練習時には川西選手にアドバイス頂きました。
「トップリーグでプレーしている僕でもボールをしっかり持てと指導されている」
大人になっても基本が大切だということです。
みんなが繋いだ大切なボールです。
川西選手の言葉を皆さんしっかり記憶して、来週からのプレーに生かしましょう。

【保護者の皆様】
本年度の活動もあとわずかとなりました。
1年間、保護者の皆様にはスムーズな運営にご協力いただきありがとうございました。
子供達はこの1年でスキル面も精神面も大きく成長したと感じております。
4年生については来年度はAカテゴリー、3年生はBカテゴリーを牽引していく立場となります。
1人1人が着実に成長してくことができるよう我々コーチ陣も務めていきますので、来年度もご協力お願いいたします。

Bカテゴリー活動報告_190310

<Bカテゴリー 小坂コーチ>
本日は印西平岡グランドにてウィンターカップが開催されました。
天候にも恵まれ選手達は思い切って自分の持てる力を発揮してくれたとおもいます。
Bカテゴリーは4年生で1チーム、3年生で1チームが参加しました。
4年生は予選ラウンドを全勝で突破し、準決勝・決勝へと勝ち進みました。
惜しくも決勝戦では敗れてしまったものの、今持っている力を全力で出し切れたのではないでしょうか。
周りの方々の熱のこもった声援も力になったと思います。
交流会も実施されて選手それぞれが今まで練習してきた成果を発揮してくれたと思います。
(保護者の皆様へ)
今回の大会においては選手たちの成長が感じられたと思います。
いつも暖かい声援有難うございます。
今後も引き続きご協力願います。

Bカテゴリー活動報告_190224

<Bカテゴリー 来海コーチ>

本日は高田小での活動でした。しばらく交流戦が続いていたため、久し振りのホームでの練習でしたが皆集中して取り組みました。
4年生は、当たり、ラインディフェンス等の練習に取り組みました。練習の中では流経大柏の選手からのアドバイスも頂きました。貴重な時間を使って指導して下さった選手の皆様に感謝申し上げます。

最後のADでは練習したことがしっかり実践できていて、とても有意義なものになったと思います。

練習を練習で終わらせないために常に実戦をイメージするとともに、実戦では練習したことを発揮できるよう意識することが大切だと思います。今日のような質の高い活動を継続していきましょう

【保護者の皆様】
日頃よりスクール活動にご支援を賜りありがとうございます。暦の上では春ですが、まだまだ寒い日が続きます。体調管理にご留意の上、引続きご協力の程宜しくお願い致します。

Bカテゴリー活動報告_190217

〈Bカテゴリー 3年川北コーチ〉
今回はNECグランドにおいて、あびこさん、松戸さんとの交流会・常磐ダービーが開催されました。寒風が強く吹く中、気迫のこもった熱戦が繰り広げられました。とはいえ凄く寒かったですね。寒暖の差が激しい時期なので風邪をひかないようにケアしてください。
試合の方は、お休みの子がいたりして試合毎のポジションチェンジがあった事も影響したのか、全体的にセットのスピードや、ボールや相手の動きに対する反応が遅くなる場面がみられました。特にディフェンス時に前に出る意識はできている子とできていない子に別れてしまったと思います。みんなが揃って前に出る事が大切なので個々が意識すること、できていなければ周りが声をかけてあげるようにしましょう。
色々なポジションをできるようになる事は今だけでなく、将来的に大きな財産になると思います。今後も試合や練習で自分のポジションの動きやスキルを高める努力をしましょう。
でも寒い中、みんな本当によく頑張っていたと思います。
アタックではパスの精度、キャッチング、走るコースがどんどん良くなってきていると感じました。前回までは上手くできなかった事が今週はできているという場面が何度もありました。みんな確実に成長していますね。
また試合に出ていないメンバーの応援の声も良く出ていたと思います。いいプレーをした時の盛り上げる声援、上手くいかない時の激励の声援、これからも続けていきましょう。

あびこさん、松戸さんとは今後も良きライバルとしてお互い切磋琢磨していきたいですね。
両チームのコーチ、選手、保護者の皆様、ありがとうこざいました。

【保護者の皆様】
毎回の送迎、応援などサポートありがとうございます。
選手以上に保護者の皆様の方が寒さを体感したのではないでしょうか。選手同様、風邪などひかぬようにお気をつけください。

ラガール活動報告_190216

〈ガールズ担当 高田〉

柏のラガールがNEC我孫子事業所ラグビー場での2月度千葉県女子合同練習会に参加しました。

今回は全学年合わせても20人程度だったこともあり、全体でのアップやボールゲームを中心とした練習でしたが皆楽しそうにやっていました。

なかなか女子だけでの活動機会はありませんが少しずつ増やしていきたいと思います。

Bカテゴリー活動報告_190203

〈Bカテゴリー 大森コーチ〉

春の陽気を感じる暖かい気候の中、麗澤中学高等学校ラグビー場にて、

水戸市ラグビー少年団さんと交流会を行いました。

遠方にも関わらず参加して頂き、ありがとうございます。

 

Bカテゴリは人数も多く、柏スクール内での試合も実施し、目一杯ラグビーを楽しめたと思います。

その中で、今週は、3年生は1人の当日病欠を除く28人もの選手が参加してくれたのがなにより嬉しかったです。

 

まだ小学生、レギュラーメンバーに偏ったチームはいつか限界がくると思い、チーム作りを1から見直している最中ですが、

選手全員がラグビーを理解した上で、ポジションに応じた役割を果たし、どの選手が出ても同じようなゲーム展開ができていました。

本当にラグビーがうまくなったなと感じます。

チームとしても楽しんでくれている姿を見て感動しました。

 

結果としては、相手あってのことなので、気にしなくて大丈夫ですが、

試合後に悔しくて涙を見せる選手もおり、こういう経験をすることも大事だなと思います。

誰のせいにするわけでもなく、自身の中で解決しようとする力は必ず将来の財産になってくれると信じています。

 

ナイスゲームでした!!

 

 

保護者の方々へ

上記にも記載しましたが、たくさんのご参加ありがとうございます。

ずっと試合をし続けたので、かなり疲れたと思います。

勝った負けた、上手くできたできなかったより、こうやって参加し、

ラグビーを楽しんでプレーできたこと自体を褒めて頂ければと思います。

 

最後の方は、バタバタしてしまい申し訳ありません。

臨機応変な状況に対応できなかったコーチの準備不足です。

 

選手たちは本当にがんばってくれました。

Bカテゴリー活動報告_190127

<Bカテゴリー 一宮コーチ>

今週は北羽鳥多目的広場にて成田チャオズJrさん、市川りとるキングさんとの交流会でした。

4年生は新たに2人の仲間が加わりデビュー戦とは思えない活躍を見せてくれました。
また課題だったブレイクダウンでも、数回ターンオーバーする場面もあり良くなってきています。
ただ練習の時も子供たちに話ましたが、練習や試合に取組む態度が良くないです。
コーチが話をしている時に遊んでいる子や試合後相手チームと挨拶した時にふざけている子がいました。本当に格好悪いです。
もう高学年そろそろ出来るようになりましょう。

<保護者の皆様>
早朝より遠方への送迎ありがとうございます。
子供たちの成長を喜びながらも、もっと出来るはずなのにと、もどかしさを感じています。
ご家庭で少しでもラグビーに触れ合う時間を作ってあげる様よろしくお願いします。