中学部活動報告_210501-02

<中学部 吉田コーチ>

■5/1(土)

場所:高田小

時間:14:00〜16:00

参加:30名

○ハンドリング、コンタクト、紅白戦

 

■5/2(日)

場所:高田小

時間:9:00〜11:00

参加:48名

○ハンドリング、コンタクト、紅白戦

 

新チームメンバーの適性を確認するため、紅白戦を実施しました。

中学部活動報告_210429

<中学部 吉田コーチ>

「2021年 千葉県中学生ラグビー クラブU15大会 ~兼第15回東日本中学生ラグビークラブ大会・千葉県予選~」3日目へ参加。

素晴らしいプレイで「やれたら(やればできるの延長戦のやったらの意味)、勝てた」をきちんと表現してくださったことが本当にうれしいです。

また、すごいトライゲッターがハットトリックで云々ということでなくて、みんなが走って数多くのメンバーがトライに結び付けた、というのもうれしい話です。 (ラグビーなんで、トライだけがすべてでなくて、その前のジャッカルだとか、キックチェイスだとか、そういうプレイもほんと賞賛できます)

さておき、3年生は、ここからの中学生活の過ごし方、いろいろあると思うので、メンバーと、よく話し合ってくださいね。 引き続きよろしくお願いいたします。​

 

大会を運営してくださった、千葉県スクール委員始めとする主催者の皆さま、素晴らしい機会をありがとうございました。

中学部活動報告_210424-25

<中学部 大橋コーチ>
4/25は、「2021年 千葉県中学生ラグビー クラブU15大会 ~兼第15回東日本中学生ラグビークラブ大会・千葉県予選~」二日目へ参加してまいりました。
コロナ禍、千葉県スクール委員会様のご尽力もあり、無事二日目も終えることができました。ありがとうございました。 関係各位には、只々頭が下がるのみです。ありがとうございます。

■4/24(土)
場所:麗澤ラグビー場
時間:14:00〜16:30
参加:28名
○ディフェンスシステムの確認、FW/BK別れてのセットプレイの確認、ゲームシチュエーション

■4/25(日)
場所: 八千代市総合グランド
時間:8:00〜16:00
参加:40名

千葉市ラグビースクールの皆様、Facebookにて共有いただきありがとうございました。コーチが何か言ったわけでもなく、選手が自主的な行動として、素晴らしい試合を行えたお礼を伝えに行った行動は、ただただラグビーのすばらしさに感動します。

試合なのだから勝者と敗者はあって、という、ショウタコーチの言葉にもありましたが、タケシコーチの「細かいところ、当たり前のところ、きちんとやる!」というプレイが出来きらなかったところが、勝利、という成果にあと一歩及ばなかった、という次への成長の課題なんだな、と思います。
しかしながら、強豪千葉市さんの怒涛なまでの攻撃を受けながら、45回を超えるタックルと、85%を超えるタックル成功率は、自分たちを信じて、自信を持っていいところだと思います。

『やればできる』、ということと、『やったらできた』、というところは大きな差があって、さらに『やったら勝てた』というところまでは、もう一段ステップがあった、ということを知ることができた、素晴らしい機会・経験だったのではないでしょうか。
今回のように非常に高いプレッシャーの中で、「きちんとやる」ことができるか、というのは、今後のラグビー人生もそうだが、人生においても、すごく重要な気づき点になると思う。

『やったらできた』 ⇒ 『やったら勝てた』を、29日木曜、しっかり見せてほしい。

以上

中学部活動報告_210417-18

<中学部 大橋コーチ>
4/18は、「2021年 千葉県中学生ラグビー クラブU15大会 ~兼第15回東日本中学生ラグビークラブ大会・千葉県予選~」へ出場してまいりました。

■4/17(土)
場所:麗澤ラグビー場
時間:9:00〜11:30
参加:26名
○ハンドリング、ディフェンスの確認、ゲームシチュエーション

■4/18(日)
場所:千葉県総合スポーツセンター
時間:8:00〜15:00
参加:40名

コロナ禍、開催が苦慮されている中、千葉県スクール委員会様のご尽力もあり、無事一日目を終えることができました。ありがとうございました。
本日の試合にあたりまして、岡田コーチから以下の二点をお伝えして試合に臨み、試合後のフィードバックもございましたが、選手のみなさんはいかがでしたでしょうか。 本日の二試合で経験できたことを、しっかりと反省し・積み上げて、次週への試合へとつなげていっていただきたいところです。

○岡田コーチよりお伝えしたこと
・(試合における)自分の役割・自分がなすべきこと、をきちんと理解をして、その役割を精一杯果たすよう、ベストを尽くすこと

・2020年度の3年生はコロナ禍により大会の開催が見送られてしまった。 その彼らの想いを背負って彼らの分まで、そしてもちろん後輩やコーチ・保護者の方々の想いを受け止め、スクール代表として一人分以上の役目を果たすこと

試合結果については、対成田戦(41-0)、対浦安戦(33-12)と二試合ボーナスポイントを獲得する結果を得る戦いができました。
次週は強豪千葉市ラグビースクール ジュニア(中学部)様との一戦があります。 ある選手が『ディフェンスしまくるしかないよね!』と言ってましたが、個々人が何をしなければいけないかを確認し、チームとしてどう戦うかを選手同士で統一し、(わからないことがあったら遠慮なくコーチにも確認いただいて)SAME Pictureを見て試合に臨めるよう、しっかりとした準備をお願いしたいです。

以上

 

中学部活動報告_210410-11

<中学部 岡田コーチ>

新年度2回目の全体練習を行いました。 コーチを合わせると総勢60名程度が参加しており、ウォームアップの景色を見ても「大規模になったな」と実感しました。

1年生は先週に引き続き中学ラグビーに慣れてもらうために、パスキャッチ、タックル、ヒット、ダウンボールの姿勢など基礎を中心に練習し、後半は来週から公式戦を控える2、3年生のA&Dの相手として入ってもらいました。 2、3年に怯むことなく果敢にチャレンジしており、1年後、2年後、間違いなく強豪チームになりそうな予感がしました。

2、3年は昨年コロナの不安定な環境の中で地道に活動してきた成果を発揮する本番がいよいよ来週からスタートします。 彼ら自身で目標設定し準備を行ってきましたので、悔いの残らない様に是非成果を出して次のステップに進んでもらいたいと思います。

練習終了後には3年生全員による公式戦前の決意表明を行いました。
皆さま昨年開催できなかった公式戦の分も含めて2,3年生は頑張ってくれると思いますので応援の程宜しくお願いします。

来年から始まる新リーグ応援の意味を込めてNECグリーロケッツのグッズも配布されました。 今シーズン残念ながらNECは結果が出ていませんが、地域で応援して彼らにも力を送りましょう!

中学部活動報告_210403-04

<中学部 吉田コーチ>
先週の練習試合を振り返り更なる向上を目指します!

■4/3(土)
場所:麗澤ラグビー場
時間:14:00〜16:30
参加:27名
○試合振り返り、ゲームシチュエーション

■4/4(日)
場所:麗澤ラグビー場
時間:9:00〜12:00
参加:45名
○新一年生が多数参加して大いに盛り上がりました。早速12人制の紅白戦を実施して力試しをしました。

中学部活動報告_210327-28

<中学部 大橋コーチ>
3月28日日曜日は、水戸日立ラグビースクールさんと試合をさせていただきました!! 途中の豪雨もあったけど(来週から進級の)現2年生、現1年生とも、充実した試合ができました!

■3/27(土)
場所:麗澤ラグビー場
時間:14:00〜17:00
参加:21名
○タックル、ブレイクダウン、ゲームシチュエーション

■3/28(日)
場所:水戸農業高校
時間:12:30〜16:00
参加:28名

○現2年生(新3年生)
・4月の大会に向けての大事な・久々の交流戦、納得いく成果は得られましたでしょうか? できた事、できなかった事、次への改善はこう取り組もうと思うこと、いろいろとあると思います。 どうしてもフィールド上や試合前のコミュニケーションでは、チーム全体で「Same Picture」を見るということが難しいかもしれません。そういったところは、ぜひともグループLINEなどを活用して、試合前の段階で、極力意思統一していって、「今日の試合は、これを『やろうとする』」というところを明確化して臨んでいきたいですね。 そうすれば「成長の差分」がつかみやすいので。

・ある特定のメンバーには、大橋コーチから試合前に、「今日の試合は、これを『やろうとする』」を注入して、試合へと送り出しました。 一試合目は、その意図がうまくチーム全体には広げられなかったけれど、二試合目三試合目はチームトークなどの時間を活用して、チーム全体で「Same Picture」を見られるようにしていたね。

・今回のキーワードは、 「攻められるディフェンスから攻めさせるディフェンスへ」 という表現を用いました。 無理なタイミングでのブレイクダウンにチャレンジするのではなく、必ず来るディフェンス有利な局面になるまで、とにかくがまんして早くセットしよう、と。 「エナジー」という言葉も用いました。 大事な大会まであともうわずかな期間しかありません。 自分たちでしっかりとチームを仕上げていってください!

○現1年生(新2年生)
・よく頑張りました。 よく跳ね飛ばされました。 それでもひたむきにチャレンジする。 一人でダメなら二人三人で、下に入る上に入る、ボールに働きかける、あれだけ体格差があっても、何人かでカバーすれば止められるし、しっかりディフェンスしていれば、ターンオーバーの機会は必ずやってくる、ということは非常に勉強になったのではないでしょうか。

・そんな中、『ある選手』は、タックルしてまた起きて次のポイントでまたポストに入ってタックルして、また起きて、次のディフェンスに行ってタックルして、と、素晴らしいプレイを見せてくれました。 もちろん彼だけではないのですが。 でもそうしたひたむきなプレイは、チームに「エナジー」を与えてくれると思うよね。 彼のプレイが伝播してチーム全体がそうしたプレイの重なりができるようになっていき、三試合目につながったんだと思います。

・「攻められるディフェンスから攻めさせるディフェンスへ」と、現2年生に送り出したキーワードは、もちろんこの学年にも当てはまります。 すごい足の速いプレイヤーがいる、すごい強いランナーがいる、すごい大きなクラッシャーがいる、という学年でもないので、それこそ一つ一つの練習・試合を重ねていくにあたっての「成長の差分」が重要なチームだと感じています。 来週からは新2年生、今日の試合で「何を学べたか」をしっかりと振り返り、成長につなげていきましょう!

以上

 

中学部活動報告_210320-21

<中学部吉田コーチ>
いよいよ大会が近づいてきました。試合を想定した練習をおこなっています。

■3/20(土)
場所:麗澤ラグビー場
時間:14:00〜17:00
参加:17名
○ステップ、ハンドリング、コンタクト、ホールドゲーム。

■3/21(日)
場所:麗澤ラグビー場
時間:9:00~12:00
参加:28名
○ステップ、ハンドリング、ディフェンス。
雨の中でしたが、試合を想定したディフェンス練習をミッチリやりました。