Aカテゴリー活動報告_200712

<Aカテゴリー伊藤コーチ:6年>

悪天候が続き本日も悪天候の予報で練習の開催が危ぶまれましたが、空は晴れて、無事に練習を行うことができました。
本日は、あけぼの山公園のグラウンドを使わせていただき、フワフワの芝と、広々としたスペースで練習をすることができました。
ラグビーが出来る環境に感謝です。

本日もコロナの影響を考慮して、コンタクト系を避け、基礎体力向上やハンドリング、パスワーク等がメインの練習となりました。
練習においては、しばらくお休みしたためにボロボロになってしまったパスワークが少しづつ改善され、パスがつながってきたという印象を持ちました。もっとよい展開が出きるようにこれからも頑張っていきましょう。

一方で、体力不足は目立ちました。本日は急な猛暑で確かに酷な環境とはなりましたが、それを踏まえてもスピード、スタミナ、反応、柔軟性が明らかに落ちている状況がありました。
普段から身体を動かしているか否かは練習を見ていればある程度分かっちゃいます。しかし、それは逆に、ちゃんとやっていれば目に見えて変化は生まれるということでもありますので、少ない時間を有効に使うためにも普段から体力強化に努めましょう。

<保護者の方へ>
本日は酷暑の中、ご参加ありがとうございます。
今回の練習では残念ながら、酷暑により体調不良者を出してしまうことになりました。コーチとして運営や管理体制を反省するところであります。
一方で、酷暑はこれから更に続くことになります。スクールの力だけでは、この酷暑を乗り切ることは不可能です。熱中症は、この時期にスポーツをやる以上、誰にでも起こり得るリスクです。熱中症対策については後日、スクールの方から、ご案内があるかと思いますが、この暑い夏を乗り切るためにも、引き続きご協力お願いします。