Aカテゴリー活動報告_201129

<Aカテゴリー 小林6年ヘッドコーチ>

11/29(日)は、第13回ヒーローズカップ関東大会浦安会場で全国大会出場をかけて12チームが集う予選に参加致しました。

今年は新型コロナ感染拡大の影響で、東京オリンピックをはじめ様々なスポーツイベントが大きく影響および制約を受けている中、子供たちにとって一生に一度しかない小学生の全国大会をかけた熱いチャレンジの場をご用意いただきましたヒーローズカップ大会関係者の皆様、参加され対戦の機会を持たせていただいた各ラグビースクールの皆様、ご父兄、柏RSコーチングスタッフ、全ての方々に厚く御礼申し上げます。

柏ラグビースクールは6年生チームで出場。チームの目標をヒーローズ全国大会出場、NEC杯優勝と設定した今年の6年生は、コロナ禍での活動休止期間、活動再開後も一定プログラムを経るまでコンタクト禁止という困難な状況にあったなかでも気持ちを切らさず、この日を楽しみに努力を続けてきました。

今年の関東大会予選は1プール・3チーム制となり、グリーンクラブラグビースクールさん(横浜市)、江戸川区ラグビースクールさんとの対戦となりました。

 

【予選結果】

第1試合 柏 10 – 15 グリーンクラブ

第2試合 柏 35- 0 江戸川区

→ 予選は1勝1敗で、2位トーナメントへ進出。

【2位トーナメント】

準決勝 柏 50- 5 すみだ

決勝  柏 35- 5 葛飾

 

予選で1トライ差の僅差で敗れたグリーンクラブさんがこの浦安会場を勝ち抜き全国大会出場を決めました。振り返って、グリーンクラブさんと接戦を演じられた柏の子供たちのパフォーマンスには、5年生の時にヘッドコーチをさせていただく際に確認した力量・レベルからは全く想像がつかない驚くほどの成長度合いに大変感動を覚えましたし、これまでの活動で積み重ねてきた皆の努力の成果に大きな満足感を覚えました。全国出場へはあと一歩という手応えを掴めた一方で、その一歩の壁の高さを直に感じ、改めて全国はものすごいレベルであることを実感しました。

残念ながら今年の全国大会出場はなりませんでしたが、後輩達が引き続き夢を追いかけて努力してくれることを期待しています。

 

卒業まであと4ヶ月となりました。例年11月に開催されるNEC杯が今年はコロナの影響で3月に延期となったことで、例年、ヒーローズカップ後~卒業までの空白期の目標設定が難しい期間を、もう一つの目標に向かってチームが一つになって過ごすことができる形になります。有終の美を飾り、ご父兄、コーチ、仲間、相手チーム、全ての関係者に恩返しができるよう、引き続き努力を惜しまず頑張ってくれることを期待しています。