Aカテゴリー活動報告_201206

<Aカテゴリー5年 梅澤コーチ>
師走を迎え、朝晩の寒さも厳しくなりましたが、澄みきった冬晴れの下、Aカテゴリーの5年生は高田小学校で通常練習を行いました。
11月より始まった部内マッチも2巡目となり、各チーム共に基本練習の反復に加え、前週からの課題と反省点を意識し、チームとして成長過程を重視した練習を行いました。

私が担当させていただいているチームは3つの課題として、「声(コール)」、「線(ライン)」、「点(ポイント・接点)」を意識した練習により、ポストディフェンス役の目的と重要性、そして何よりディフェンスの「柱」となるべく、中心的な役割をしっかり果たすことで、チーム全体のディフェンス強化と、内側から前に出るディフェンスの習得を目標としました。

声(コール)は味方に知らせるためであり、チーム全員が状況を把握する必要があります。恥ずかしがらずに、自信がないと感じずに、しっかり声(コール)を出しましょう。来週のブラジル体操を楽しみにしております。
線(ライン)はチーム全員で作るものですが、一人一人がバラバラことをしていると線(ライン)にはなりません。一人一人がしっかり自分の役割を全うする必要があります。

誰かがやってくれるだろう・・・誰かがタックルにいってくれるだろう・・・ではなく、皆が自分の持ち場をしっかり把握し、線(ライン)の一部として役割を果たすことが重要です。怖いと思う時もありますが、怖い気持ちをぐっと堪えて、今までより一歩でも前に踏み出してみましょう。踏み出せた選手の近くには、必ず勇気ある、信頼できる仲間がいてくれるはずです。

点(ポイント)はマイボールを継続するために、攻撃を継続するために、チームがトライを取るために重要なプレーの基礎となります。しっかり自分の頭を、体を、持ち込んだボールを、安全に確実にコントロールして、仲間に託すことが重要です。

ラグビーは一人で完結できるスポーツではありません。自分のしっかりしたプレーが、次の味方の最高のプレーに繋がります。各チーム共に、全員がチームの一員として熱意をもって、仲間を尊重し、品位を忘れず、規律を守りながら、キャプテンを中心に結束して、最高のチームに成長していきましょう。

保護者の皆様
日頃よりスクールの活動に御理解、御支援いただき、心より御礼申し上げます。
新型コロナウィルス感染症は終息するどころか、日常生活にも支障をきたす状況ではありますが、今後もスクール生と御家族の皆様の安全と健康を最優先とした活動を大前提として活動してまいりたいと考えております。
一緒に成長させていただいていることに感謝しながら、微力ですが今後もサポートしてまいりたい所存です。変わらぬご支援よろしくお願いいたします。