Bカテゴリー活動報告_210117

<Bカテゴリー3年 酒巻コーチ>

前日の温かい天気とは異なり寒い日となりましたが数多くの子供が参加し、ラグビーを楽しみました。 今週から練習時間が90分間となりましたが、時間短縮を意識してなのか練習の合間の給水等もテキパキとできるようになっていましたね。また練習中は複数の子供から今日はゲームをやるの?という質問を受けました。 子供達が本当にラグビーを楽しみにしているなと感じられ非常にうれしかったです。

練習はアップ(タッチフット、ボール運び)、ラックのオーバー、
AD(アタック・ディフェンス)、ゲームという内容で実施しました。
タッチフットでは後ろや横に流れずに前に進んでパスをつなぐ意識で楽しみながらアップをしました。

新しい取り組みとしてラックのオーバーを実施しました。
交流戦や毎週のゲームで存在は知りながらもどうすればいいのかという状態でしたが、どうしてやるのかを理解してもらえたと思いますので継続的に練習していきましょう。ADではコートを狭く設定してタックルにしっかりと入る、ラックが形成されたらオーバーをするということを意識して実施しました。

その成果を発揮するゲームでは、タックルやオーバーができるようになっていました。 また以前より子供たちで声を掛け合いながらプレーできるようになっていました。 他のスポーツもですが、ラグビーでもコミュニケーションは非常に大事なので継続していきましょう。

まだまだ寒い日が続くと思いますが、体調管理をしてラグビーを楽しんでいきましょう。

 

 

保護者の皆様
いつもスクール活動へご理解いただきありがとうございます。
緊急事態宣言下で様々な制約がある中での活動となりますが、スクールのガイドラインに従いながら感染対策を実施して活動してまいります。
また練習時間の変更等も発生しており、ご負担をお掛けしておりますが
何卒ご理解のほど宜しくお願い致します。