Aカテゴリー活動報告_210321

<6年生ヘッドコーチ 小林 剛>
3/21(日)、春の嵐が吹き荒れて荒天の一日でしたが、柏の葉公園総合競技場という県内随一の素晴らしいグランドにて「2020千葉県ラグビースクールU12選手権大会」が開催されました。

コロナ禍で異例の我慢を強いられた6年生に卒業前に何とか大会を開催してあげたいという熱い思いで千葉県ラグビー協会、柏市ラグビー協会(≒柏ラグビースクールコーチ)の皆様の多大なるご尽力のお陰で、雨天ではありましたが大会を開催をいただくに至りました。この場をお借り致しまして、ご関係者の皆様に厚く御礼申し上げます。

今年の6年生は、5年生のNEC杯で3位に終わって以降、最終学年で「千葉県優勝、ヒーローズカップ全国大会出場」を活動目標に掲げ、コロナ禍で不自由な中でも気持ちを切らさず毎週土日の活動で努力を重ねてきました。今年のチームは一人を除き、皆、体格が平均前後かそれ以下の「小さなチーム」ではありましたが、体格の大きい選手を核にしながら、「小さなみんな」がゲームにおける役割分担の理解と、瞬時にやるべきことを判断してチームに貢献すること、そのための泥臭いトレーニングを一生懸命積んできました。

コロナ対策もあり、参加12チームがAブロック(午前の部)、Bブロック(午後の部)の2ブロックに分かれての大会となり、柏RSは抽選の結果、Aブロックでの出場となりました。また、Aブロックは2チームが出場辞退となったことから4チーム(1試合:12分ハーフ、前後半)のトーナメントで争われる形となり、1回戦:印西ラグビースクール様、決勝戦:常総ジュニアラグビースクール様との対戦となりました。

この日は雨と寒さと極度の緊張で、エンジンの掛かりが遅く足取りの重い試合運びとなりましたが、今年のチームの基本プランに沿って大きな選手を核として小さなみんながチームを支え、走りまくり、パスをつなぎ、ディフェンスで粘り、ブレイクダウンでファイトし、見事2連勝でAブロック優勝の結果を残すことができました!トライチャンスに恵まれた子だけで無く、試合に出れずも一生懸命声を張り上げて応援・指示していたベンチメンバーも含め、まさに全員一体のチームワークで勝ち取った勝利でしたね。優勝おめでとう!大変見事でした。

【結果】
1回戦 柏 20(前半15-5)10 印西
決勝戦 柏 45(前半15-10)10 常総ジュニア

個人的には幼稚園の時代から一緒にラグビーを楽しんできた仲間も多く、幼少期は個々人のアクが強くどうしようもなくまとまりのないチームでしたが、次第に仲間も増え成長する過程で、本当に仲良く団結力の強い素晴らしいチームを作り上げてくれました。グランドでの全員揃った立派な挨拶は、今大会に参加した全チームを見た中で贔屓目抜きで柏ラグビースクールが一番でした。またラグビーのスキル、理解力もこの2年で驚くほど向上し、立派な成績を残して卒業できたことに深く感動を覚えました。

中学部で半数近くの仲間が引き続きラグビーを続けてくれる一方で、ラグビーから離れ新たなスポーツに挑戦する子も居て別れが寂しい限りですが、きっとラグビーが恋しくなるはずですので、いつでも気軽にグランドに来てください。中学で続けてくれるメンバーとは、引き続き更に高みを目指して毎週末研鑽していきましょう。

ヘッドコーチを務めさせていただいた2年間、私の方も子供達からたくさんの元気と感動をもらい、勝たせてあげる為にどうしたら良いか深く悩み、研究し、体現してくれた時には喜びを覚え、負けた時にはきっと子供達以上に悔しい思いもし、普通の会社員生活では得られることのない貴重な経験をさせていただくことができました。本当にありがとう!皆が次のステージで頑張っている声が聞こえてくることを楽しみにしています。